定例勉強会「森の日」( 第167回 ) 報告

2018年7月10日

Scratchで、自動で動く車を作ろう!

日時: 2018年6月27日(水) 1部(13:00~15:00) 2部(15:30~17:30)

場所: 津田コミュニティセンター  徳島市津田町4-5-55

講師: 安山 シニア情報生活アドバイザー

内容:

緑のスタートボタンをクリックすると、小さなレーシング力一が走り始めて道路をはみ出さずに、

カーブを曲がりながら時計回りにストップボタンをクリックするまで走り続けるように

プログラミングの学習しました。
背景やスプライトをアレンジして、オリジナルの車のスプライト(自動運転車)を作って

スクリプトの複製をして、2台のスーパーカーをうまく走らせることが出来ました。

 

 

 

 

学習内容

 

1.Scratchを起動
2.スプライトと背景のアップロード
3.スプライトの初期位置を設定
4.分類の「調べる」のブロックを組込
5.条件と処理の設定
6.スプライトの中心点を決めます
7.コースの内側に、はずれないようにします
8.背景やスプライトをアレンジ
9.車のスプライトを作成

 

 

参加者: 1部(14名) 2部(9名)   アシスタント: 西野 、吉田、篠原公、林、森、白井、岡田、島田、篠原は、角尾

 

 

講師.JPG

本日の講師

 安山シニア情報生活アドバイザー

 

西野さん.JPG

西野シニア情報生活

アドバイザーのご挨拶

教室風景1.JPG

スプライト(猫)を

削除します。

 

 

 

 

 

教室風景4.JPG

「スーパーカー」と「背景」
をアップロードします。

 

 


教室風景2.JPG

スクリプト→イベントの
ブロックを右側に

ドラッグします。

 

 

教室風景3.JPG

緑の旗ボタンをクリックして

テストします。

 

 

 

教室風景5.JPG

車のスプライトを

作成します。

 

 

 

 

 完成図.JPG

完成図です。