定例勉強会「森の日県西」(第104回)報告

2018年1月1日

はがき新聞を作ろう!

日  時 : 2017年12月23日 13:30~15:30

場  所 : 美馬市 穴吹農村環境改善センター 第一会議室

講  師 : 滝川 かつら シニア情報生活アドバイザー

 

内  容今日は滝川講師による「はがき新聞を作ろう!」の講習でした。

師走の忙しい中も「ちょっと変わった年賀状にもなるかな」と興味津々の方の参加です。

講習が始まる前に印刷したはがき新聞の紹介とアレンジした数々のはがき新聞を回覧してくれました。

手に取るように伝わる素敵なはがきの価値と魅力を知った受講生は、ますます興味を持って取組んで

いたようでした。

テキストは丁寧に書かれていて説明もわかりやすくゆっくりとされていたので、ほぼ全員がスムーズに

仕上げていました。ただWordのバージョンによって講師の説明通りにならないところもあったのですが、

その都度解決して進められていました。

最後にテキストとは違って段組を使う方法とか等幅フォントとプロポーショナルフォントの違いの説明等

とても参考になりました。

今年の年賀状または来年の年賀状にははがき新聞を作る方がかなりいるのではないでしょうか。

 

 

参加された方からの感想を紹介させていただきます。
〇等幅フォントとプロポーショナルフォントの違い、グリッド線の活用、コピー・貼り付けの注意点等、
 とても勉強になりました。
〇講師と同じでお友達にはがき新聞を作り、近況報告をしようと思いました。
〇ゆっくりとした説明でとても解りやすかったです。
〇身近なはがきをもっともっと活用してみましょうと再認識した楽しい勉強会でした。
〇今日は「ハガキ新聞を作ろう」のテキストを頂いて、とても丁寧に教えて下さってよくわかりました。
 講師の進みについて行けてとても楽しかったです。次回も楽しみにしています。
〇確かに参考になります、私も来年からでも作って発信したいです。
〇今年の年賀状は仕上げてしまったので、来年は今回の様式で写真を入れて面白い年賀状を作って
 みようかと思います。
〇テキスが大変分かり易く、講師の説明もゆっくり、アシスタントの方も親切に対応して頂き、非常に
 満足な研修会でした、またテキスト以外の説明もあり参考に成りました。
 今、年賀状の作成をしているときであり今回の研修会はちょうど良かったです。

 

     

                    参加者:16名  アシスタント:大谷、大日、笠井  Web記録:梶浦

       

01.jpg

講師の滝川かつらシニア情報

生活アドバイザーです  

02.jpg

今日も強力なアシスタントが

揃っています

03.jpg

ハリキッテいきましょう

 

04.jpg

受講生も真剣に

取り組んでいます

 

 

05.jpg

講師もアシスタントと共に活躍

06.jpg

アシスタントも力が入ります

 

 

07.jpg

印刷出来る状態になりました

08.jpg 

 仕上がりはこのように

絵手紙にも利用