定例勉強会「森の日県西」(第93回)報告

2017年1月30日

グラフ機能を使わずグラフ化

日  時 : 2017年1月21日 13:30~15:30

場  所 : 美馬市 穴吹農村環境改善センター 第一会議室

講  師 : 佐藤 昭 シニア情報生活アドバイザー

 

内  容天気予報では寒波の襲来が予想されましたが、比較的穏やかな1日になりました。

歴史的には、早朝に話題の多いトランプ氏の大統領就任式もあり、3時、4時まで

TVから目が離せず寝不足の方もいたのではないでしょうか。

 

毎回ユニークな講座になる佐藤さんが講師ということで、今回はどんな講座になるかと

楽しみにしていた方も多いのではと思います。

まず手始めは、白板に大観小察と書き、「木をみて森を見ず」にならぬようにという

プレゼンのみならず、日常生活にも役立つ話からスタートです。

 

学習内容は、

1.メモ帳などで作ったテキストファイルをCSVファイルに変換して、Excelに取り込む

2.データーの値を傾向的に見るためのスパークラインの作成

3.データーの値に応じた横棒をセルに表示して視覚的に見るためのデータバーの作成

4.表全体の装飾

この中で、テキストファイルやCSVファイルの説明、メモ帳(エディター)の利用など

テキストにプラスした内容で参加された方もお得感があったのではないでしょうか。

 

参加者からの感想は

○「観察」から話の展開がユニークで「大観小察」に講師の見解が示されて興味深く

   感じました。

○今回はメモ帳で作成したテキストファイルをCSVファイルで保存し、それをExcelへ

  データ移行することから始めました。まず、保存したファイルを見つけやすくするために、

  拡張子の表示の設定をしました。そして、グラフ機能を使わずスパークラインでグラフを

  表示させ、とても分かりやすい表ができあがりました。便利なセル内に収まるグラフなので

  今後も活用しようと思います。どの項目も無駄のない中身の濃い勉強会でした。

○メモ帳で書かれた.txtファイルを.csvファイルで保存して、最後に.xlsxファイルに変換して

  Excelでスパークラインを設定する流れと理由が分かり、参加して良かったです。

○今日の学習はとても分かりやすく、理解出来たように思います。

○講師をしたり、テキストを作ったりするうえでも、誰にでも対応するように、CSVを念頭に

 置いてすることが大事だと思いました。

 などが寄せられました。 

 

    参加者:18名  アシスタント: 上田、井上、笠井    Web記録: 岡本 忠義

       

1.jpg

講師の佐藤シニア情報

生活アドバイザー

 

2.jpg

アシスタントは県西の3人娘

3.jpg

熱心に聞き入る皆さん

 

4.jpg

ショートカットの多さが

学習のあかし?

 

 

5.jpg

白板とプロジェクターを使って

熱弁の講師

6.jpg

アシスタントも思わず指差し

 

7.jpg

出来るかなと見守り 

8.jpg 

 皆さんそろって完成間近